ベラジョンカジノ

違法性 ドリームカジノの事例

ドリームカジノの事例

オンラインカジノの違法性を問われたもう一つの事例です。

2016年に、ドリームカジノというオンラインカジノの運営者が常習賭博容疑で逮捕された事例がありました。

ドリームカジノは、当時キュラソー政府から正式にライセンスを取得し、国外のサーバーにオンラインカジノを開設していました。

これがなぜ事件になったかと言うと、サイト制作や経理事務などをこの運営会社で行っており、実質的に運営していたのが日本国内の運営会社(ドリームカジノ)であると見なされたためとされています。

ここから得られる注意点は次のことです。

運営会社の実体が日本国内にある場合は違法であること。

ライセンスを取得して、国外のサーバーにオンラインカジノを開設しても、運営主体が日本国内にあれば、運営者に関しては日本の法律の適用を受ける点に注意が必要です。

ただし、この場合はオンラインカジノの利用者に関しては逮捕などの規制を受けていません。

サイトの見かけ上は、海外で運営されているようにしか見えなかったためです。これが、運営会社の住所が日本国内の住所を記載されていることが明確なら、利用者側も違法になったことは明らかです。

当サイトに記載しているオンラインカジノに関しては、これらの違法性をクリアしていることが確認されています。

次の点が重要といえます。

・海外の政府による正式なライセンスを得ていること。
・当事国においてオンラインカジノが開設され、運営されていること。

日本語によるサポート体制が取られていることが、必ずしも国内でカジノを運営していることにはなりません。

実質的な運営が国内で行われていることが違法性に問われるので、ユーザーにとっては、運営会社の所在地が日本国内であることがサイトに記載されていなければ違法性に問われることはないと言えます。

運営者の日本国内の住所をオンラインカジノサイトに記載するということ自体、ありえないことですけれど。。。

オンラインカジノで遊ぶ際は、実績のある会社であることや、過去に日本国内で違法性を問われたことがないこと、入出金が確実に行えることが、ユーザーにとっては重要と言えます。

例えば、ベラジョンカジノは2011年から日本国内向けに日本語でサイトが制作されていますが、一度も事件に発展したことはなく、運営会社は外国にあり、入出金は国外に対して行われることからも、安心して遊べると考えます。

サイトをご覧ください。

⇒ ベラジョンカジノ